9月1日のカクテル セプテンバーモーン

2019年9月1日 日曜日

カクテル・ファンにはお馴染みの小説「ロング・グッド・バイ」

探偵のフィリップ・マーロウが活躍するシリーズだ

「ギムレットには早すぎる」というセリフが登場することで有名なのだが

実はこの小説の中にもう一つのカクテルが登場する

厳密にいうとそのカクテル誕生のきっかけとなった絵画が登場するのだ

村上春樹が翻訳した、その場面はこうだ

「九月の朝」という話が出てくる。依頼人の妻で夢のように美しいアイリーンがマーロウを 落としにかかる場面で、ローブの下は一糸纏わぬ姿であることを“September Morn”という言葉で表現しているところがある。指摘を受け、自分の迂闊さに悔やんだが後の祭り。ポール・シャバが描いた絵『九月の朝』なら、新聞等に 掲載された複製名画の広告で何度も目にしたことがある。「売り絵」という偏見から軽視していたのだろう。確かにアメリカ人が好みそうな健康的な色気を漂わせた美女だ。

フランスの画家、ポールシャバが

湖で沐浴する少女を描いた「September Morn」という絵画がある

 

 

 

 

 

 

この絵のタイトルを登場人物が口にすることで

バスローブの下は全裸なのだとイメージさせる場面なのだ

この小説の他にも、この絵へのオマージュから生まれた作品として

ニールダイヤモンドが発表した「セプテンバーモーン」という曲がある

カクテルのセプテンバーモーンは

19世紀初期の禁酒法時代に登場した

現代ではほとんど見かけないカクテルだが

やはり9月1日のカクテルとなると

このカクテル以外には候補がみあたらない

今日のカクテルは「セプテンバーモーン」にしましょう

【レシピ & 材料】





ラム(ホワイト)—————————– 60 ml


レモン・ジュース —————————- 15 ml


グレナデン・シロップ ———————— 2 tsp (10 ml)


卵白 ——————————————- 1 個分








【作り方】





お気に入りのラムと上記の材料をシェーカーに入れ、よくシェイクしたら、シャンパングラスに注いで出来上がりです。

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。