11月16日のカクテル ピンク・エレファント

2019年11月16日 土曜日

PinkElephant[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月16日のカクテル

ピンク・エレファント

Pink Elephant  recipe

ベリー・ウオッカ   berry vodka  30ml

ラズベリー・リキュール  raspberry liqueur  15ml

リモンチェロ limoncello  15m

クランベリー・ジュース  cranberry juice 30ml

材料をシェークして、カクテルグラスに注ぐ。

レモン・ツイストする。

デンマークの児童文学者アンデルセンにちなむ、国際アンデルセン賞というものがある。

1956年に始まったこの賞は、「児童文学への永続的な寄与」

に対して贈られる国際的な賞で、別名「小さなノーベル賞」。

1994年、日本人から初めて受賞者が選出されました。

「まど・みちお」さんです。

代表作品は「ぞうさん」

 

『 まど みちおさんの解説 』

ぞうの子は、鼻が長いねと悪口を言われた時に、

しょげたり腹を立てたりする代わりに、

一番好きな母さんも長いのよと、誇りを持って答えた。

それは、ぞうがぞうとして生かされていることが、

すばらしいと思っているからです。

だからこの歌は、ぞうに生まれてうれしいぞうの歌、

と思われたがっているでしょう

目の色が違うから、肌の色が違うから、すばらしい。

違うから、仲良くしようということです。

『 やぎさんゆうびん 』、『 ふしぎなポケット 』、『 一ねんせいになったら 』など、

代表作は『 ぞうさん 』だけではありませんね。

11月16日は まど・みちおさん が生まれた日です。

1909年に山口県周南市で生まれ、

2014年2月28日、104歳の天寿を全うされました。

NHKスペシャルでドキュメンタリー

「ふしぎがり〜まど・みちお百歳の詩」が放送されました。

外国では、お酒に酔うとピンクのぞうさんが現れるという

面白い言い伝えがあるそうです。

そういえばディズニー映画の『 ダンボ 』では、

お酒を飲んだダンボのカラダがピンク色に変わるシーンがあったような…。

今日のカクテルは、まど・みちおさんの「 ぞうさん 」にちなんで、

ピンク・エレファントにしましょう。

th[6]

 

 

 

 

 

 

 

※ 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。