6月10日のカクテル 「ボサノヴァ」

2018年6月10日 日曜日

6月10日はジョアン・ジルベルトが生まれた日(1931年)

アントニオ・カルロス・ジョビンとヴィニシウス・ヂ・モライス

そしてジョアン・ジルベルトの三人が「ボサノヴァ」を作った

通称「ボサノヴァの神」

 

15歳でギターをはじめ19歳で歌手&ギタリストとしてデビュー

26歳の時、ジョビンやモラリスと知り合った

ほどなくして誕生したのがあの有名な「イパネマの娘」

32歳になるとジャズサックス奏者のスタン・ゲッツと発表した

アルバム「ゲッツ・アンド・ジルベルト」がグラミー賞を受賞

シングル発売された「イパネマの娘」は

ジルベルトの歌うポルトガル語の部分がカットされ

彼の妻だったアストラッドが歌った英語詞の部分だけで発売され

爆発的なヒットとなるのだ

今日のカクテルは「ボサノヴァ」にしましょう

bossa nova Cocktail

Recipe 

材料 分量
 Dark Rum / ダークラム 30ml
 Galliano / ガリアーノ 30ml
 Apricot Brandy / アプリコット・ブランデー 15ml
 Pineapple Juice / パインジュース 60ml

材料を氷を入れたコリンズグラスに注ぎ、ビルドする。

 

「イパネマの娘」には、ポルトガル語、英語、

なんと日本語バージョンまであったそうだ

言語によって歌のタイトルも変化した

歌い手が女性になると女性版のタイトルになったりもしたそうだ

ビートルズの「イエスタデイ」と並び

世界のスタンダードとされる証だ

もしも、津軽弁バージョンがあるとするならば

タイトルは『 いぱだだ娘 』で間違いないだろう

いぱだだ(津軽弁)=奇抜な

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。