3月13日のカクテル ハングオーバー

2018年3月13日 火曜日

imgconcept1[1]

 

昭和63年3月13日、通称「ゾーン539」が開通した。

全長が53.9kmであることから、そう称される世界最長の海底トンネル

「青函トンネル」のことだ。

昭和36年に着工されてから、9000億円の工費が投入された。

北海道新幹線が開通する日、このトンネルを通って新幹線が北海道に初上陸するのだ。

トンネル開通の6年前には、青函トンネルの技師たちを描いた映画

「海峡」が公開された。

東宝創設50周年記念の大作で、

高倉健、吉永小百合、三浦友和。森繁久彌らが出演、

監督が「八甲田山」の森谷司郎という豪華作品だった。

2000年にはNHKプロジェクトX~挑戦者たち~

「青函トンネル 友の死を超えて」も放送。

ちなみに津軽海峡は公海になっているがトンネル内は日本の領土ということで、

固定資産税の対象となっている。

青函トンネルが開通して日本で一番長い距離を走る寝台列車が誕生した。

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライト・エキスプレス」だ。

12:03分大阪発、翌日9:52分札幌着、1495.7kmを走る。

乗車直後にランチだ。アペリティフとしてよく冷えたシャンパンを注文しよう。

「おぉぉ…っ、冷えてるぅぅぅぅ」、

ジョセフィーヌと駆け上がったシャンパーニュの丘を思い出す…。

食後は北陸の景色を堪能しながらアフタヌーンティーでもいただこう。

こっそり紅茶の中にカルヴァドスを垂らすことを忘れてはならない。

「ああぉぉぉ…っ、いい香りだ・・・。」

ソフィーと転げまわったノルマンディーの丘を思い出す…。

うとうとして目覚めたら、もう夕食だ。

日本海の夕日に魅せられながら、テキーラをいただこうかな。

オレンジジュースがチェイサー代わりだ。

口の中でザクロを噛みながらいただけば、お口の中でテキーラサンセットの完成。

「あああべしぃぃぃ…」、

マーガレットと泳いだユカタン半島の海を思い出す…。

夜が更けたならスイートルームに戻り、ナイトキャップの時間だ。

持参したシングルモルトの封を切ろう…。

「ひでぶぅぅぅぅ」、

エリザベスと釣りを楽しんだスペイ川を思い出す…。

目覚めたらすでに洞爺湖のあたりを走っているはずだ。

確かに列車の車内なのだが、思わず追憶の世界に浸っている。

洒落た列車と客室係りのおかげか…。

トワイライトエキスプレスは一泊二日の豪華な旅が楽しめる。

もれなく二日酔い付きで…。

3月13日、今日のカクテルはハングオーバー。

レシピ 養命酒 1/2

    オレンジジュース 1/2

    レモンジュース 1tsp

 以上をシェークしてカクテルグラスに注ぐ。

ハングオーバーとは二日酔いという意味。

ようするに迎え酒的なカクテルなのですね。

このカクテルを飲んで、再び追憶の世界へ戻ろう。

 

弘前駅には停車しないはずの「トワイライト・エキススプレス」が

大雪の影響で、弘前に停車した貴重な動画があります。

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。