11月5日のカクテル スカーレット・オハラ

2019年11月5日 火曜日

11月5日のカクテルはスカーレット・オハラ

『 Scarlett O'Hara 』

レシピ

サザン・カンフォート Southern Comfort   40ml

クランベリー・ジュース   Cramberry juice    20ml

ライム・ジュース    Rime juice   10ml

材料をシェークしてカクテルグラスに注ぐ。

スカーレット・オハラは、マーガレット・ミッチェルの長編小説

『風と共に去りぬ』に登場する女性主人公の名前です。

映画ではヴィヴィアン・リーがその役を演じましたね。

1940年のアカデミー賞では9部門を受賞。

ヴィヴィアンも主演女優賞をいただきました。

4時間近い大作です。

私が所有しておりますVHSビデオ(古いでしょー)では、前、後篇の二本セット。

途中でビデオテープを交換しないと最後まで見れない程長~い映画。

にもかかわらず、アメリカ国内での興行収入は今でも1位らしいです。

th9BW7QKB9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「南部の歓び」といった意味のサザンカンフォート・リキュールは

当初はバーボンウイスキーをベースにピーチフレーバーを効かせた

アルコール度数40度の、キツーイお酒! でした。

近年はリニューアルされ、ベースはウイスキーではなく

味と香りに癖のない中性のスピリッツに変更され

アルコールも20度位まで下げられました。

まさに「華やかなピーチリキュール」といったお酒です。

したがいまして、カクテル・スカーレット・オハラも

かつてのウイスキーがガッツリ効いたカクテルから

とても飲み口の柔らかい優しーいカクテルに変わりました。

ここで映画に登場するスカーレット・オハラを思い出しましょう。

そうなんです。

アメリカ南部生まれのキツーイ女性主人公表現したカクテルなのに、

ベースのお酒がやさしいお酒にリニューアルされたので

カクテルの仕上がりが変わってしまったのです。

そこで提案。

このカクテルは、小説のスカーレット・オハラではなく

映画でスカーレット・オハラを演じた

ヴィヴィアン・リーを想像して飲んでみてはいかがでしょう。

あの美貌の持ち主をイメージしたカクテルだと思えば

ぴったりですよね。

11月5日はヴィヴィアンリーが生まれた日です。